Empowered JAPANエンパワード ジャパン
緊急ウェブセミナー特設サイト

「Empowered JAPAN実行委員会」はテレワークをはじめとする働き方改革や学び直しを通した
「いつでもどこでも誰でも、働き、学べる世の中へ」をコンセプトに、2018年に発足しました。
東京圏および地方都市におけるテレワーク啓蒙イベントをはじめ、多くの自治体や協力会社と共に
企業・個人向けテレワーク研修を実施してきました。

この度のコロナウイルス感染拡大と2020年2月25日の政府基本方針に含まれた
「テレワーク推奨」の呼びかけを受け、全国の組織や個人がテレワークや遠隔授業を早期に実施するため、
実践的な情報をお伝えするための緊急ウェブセミナーを2020年3月17日より連続的に無料開催します。

主催:Empowered JAPAN 実行委員会
後援:一般社団法人日本テレワーク協会
事務局:日本マイクロソフト株式会社

中間レポート ~新型コロナウイルス感染拡大を受けたテレワーク/遠隔授業推進の取り組み~

首都圏で働くビジネスパーソン1,000名と、地方の中小企業経営者300名に緊急調査を実施いたしました

厚生労働省による新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力ください

緊急ウェブセミナーの目的、全国の皆様へのメッセージ

Empowered JAPAN実行委員会

私たちEmpowered JAPANはこれまでテレワークを使って様々な課題にチャレンジしてきました。今回、コロナウイルスの感染拡大に伴い、これまでの学びを広く全国の皆様にご提供するため、今回の緊急セミナーを開催することに致しました。今回、多くの講師の方々にご協力いただけることを厚く御礼申し上げます。テレワークはコロナウイルスの感染防止だけではなく、日本社会の様々な課題を解決するツールだと思っています。子育て中や介護の必要な方、障碍のある方、あるいは、ご自身をもっと磨こうと勉強に励まれている方、そうしたワークライフバランスを改善する、あるいはワークライフバランスを更に拡充する、そんなツールだと思っています。皆様がこの緊急ウェブセミナーを活用していただくことでテレワークの導入につながり、コロナウイルスの一日も早い終息を願うとともに、さらに活力ある日本を作っていく一つの足がかりになればと思っています。
(実行委員長 松村 茂)

今回の緊急ウェブセミナー開催にあたり、急な要請にも関わらず多くの講師、協力企業、自治体、ボランティアの方々にご協力をいただいていることを心より御礼申し上げます。政府からのテレワーク推奨の発表を受け、これまで実行委員会、そして日本マイクロソフトとして得られたテレワークや遠隔授業に関する知見を「心構え・マインドセット」「ITツール・環境」「制度(労務管理、補助金、社内ルール・マニュアル)」「実践事例」「行政・医療・教育機関向け」といったカテゴリに分けました。それらをたくさんの講師やパートナーにご協力いただき、そしてテクノロジーを駆使することで、東京圏だけではなく、全国の皆様に少しでも実践的な情報をお届けすべく努めていきます。また、今回は参加者の皆様だけではなく、講師や事務局メンバーも原則として物理的には一か所に集まらない、テレワーク体制でウェブセミナーを実施していきます。日本と世界が一刻も早く今回の困難を乗り越え、「いつでもどこでも誰でも、働き、学べる世の中」へ向けて事務局一同、全力で取り組んでいきます。
(事務局長 宮崎 翔太)

実行委員長 松村 茂
松村 茂
Empowered JAPAN実行委員会 委員長

最新のウェブセミナーはこちらセミナー情報は予告なく登壇者や登壇内容が変更になる可能性があります。
セミナータイトルや内容、登壇者は今後毎日アップデート予定です

*セミナー情報は予告なく登壇者や登壇内容が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

特別講演


ウィズコロナ期のデジタルトランスフォーメーションと
働き方、そして学び方

コロナウイルスの第2波や第3波、その他の自然災害に備えるだけではなく、
日本の経営戦略としてのテクノロジー活用、日本人の今後の働き方と学び方についてご講演いただきます。
いつでもどこでも誰でも、働き、学べる世の中へ。

  • 1

    講師

    澤 円氏(さわ まどか)

    • 日本マイクロソフト株式会社
      業務執行役員
    • マイクロソフトテクノロジー
      センター長

    動画を見る

       1分アンケートにご協力ください
    閉じる

    澤氏は新型コロナウイルスにより世界のリセットボタンが押された今、各個人がマインドセットをアップデートし未来志向になることの必要性を呼びかけた。まず初めに、この機に見直すべきマインドセットを、シリコンバレーの考え方を例に説いた。次に、日本の経済力凋落を改善する一歩として、仕事における報告・連絡・相談を例に用いて、過去志向から未来志向への転換を求めた。また、イノベーションの真の意味を説明し、AI等のツールの利用本質である「時間のセーブ機能」を再確認した。最後に、質疑応答で行動にこだわることの重要性を力説した。

  • 2

    動画公開中

    2020.07.04 開催分

    都市に求められる
    デジタル・
    レジリエンス




    閉じる

    澤田氏は、新型コロナウイルスを機に考えるべき行政におけるデジタル化を、自身が副区長を務める渋谷区の基本構想と経営戦略を中心に説明した。まず、コロナ前ではない新しい状態を基準として、テクノロジーを推進する新しい公共の在り方(渋谷区の基本構想)を紹介した。次に段階的な渋谷区の経営戦略としてスマートシティ、スタートアップ、公共政策を軸に、新たな試みの重要性を説いた。後半は、行政でのペーパーレス等のDX推進可能な渋谷区の背景の説明や、自身の民間での経験に裏付けられた行政を企業に見立てたOSの刷新法について詳述した。

  • 3

    講師

    西脇 資哲氏(にしわき もとあき)

    • 日本マイクロソフト株式会社
      業務執行役員
      エバンジェリスト

    動画を見る

       1分アンケートにご協力ください
    閉じる

    西脇氏はコロナウイルス拡大以降、テレワークを導入・改善してきたことで見えてきた、テレワークの持つ良さを紹介し、私たちが選択肢を複数持てるようになった点が重要だと述べた。まず西脇氏はテレワーク移行の流れが必然であったことを説明し、今後慣れたもとの生活に戻るのではなく、テレワーク環境をより改善していくことを勧めた。次に管理職と部下とのコミュニケーション・セールスの方法など、テレワークが社会にもたらした効果を挙げ、最後に今後は従来の生活とテレワークの両方の選択肢を持てるようになったことで、労働力の確保・地域の差の撤廃・企業規模の差の撤廃が進むと述べた。

これまでのセミナー一覧

心構え・マインドセット

IT ツール、環境

制度 (労務管理、補助金、社内ルール・マニュアル)

実践事例

行政・医療・教育機関向け

応援団体からのメッセージ

協力パートナー一覧

    後 援    

   協力自治体      地域の企業、教育機関、商工会等の団体へ告知協力いただける自治体様は info@empoweredjapan.com までご連絡ください

   協力・協賛   


 実行委員会 事務局 
ページの先頭へ戻る
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

閉じる
閉じる

閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

閉じる
閉じる


閉じる
閉じる
閉じる

閉じる

閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる



閉じる
閉じる
閉じる
閉じる